2017.8.11. リサ・ラーソン展 2017-18 特設サイトオープン

みどころマップ

見どころが盛りだくさん!銀座と渋谷で1日中楽しめます!

みどころマップ

見どころが盛りだくさん!

銀座と渋谷で1日中楽しめます!

アーティスト「リサ・ラーソン」の真髄にフォーカスした本格的な作品展です。リサ・ラーソンの代名詞といえる動物作品から、独特のユーモアと浮遊感を内在する人物作品まで、本人が深くセレクションに関わった約190点が展示されます。芸術一家、ラーソン家ならではの特別なコラボレーションゾーンや、作家自身のコレクションも展示。こんなリサ、知らなかった!初めて見るリサに出会えます!

「本展は、2016年にロェースカ美術工芸博物館(スウェーデン・ヨーテボリ)で開催された「リサ・ラーソンの作陶60周年」展の出品作品をベースに、初期から近年に至る代表作約120点をテーマ別に展示。さらに自身が所蔵するユニークピースや、初展示となる画家・アーティストの夫グンナル・ラーソン氏の特別展示など、約190点の作品を通し、リサ・ラーソンの新しい魅力を紹介します。」

展覧会の興奮は、過去最大級のリサ・ラーソン・オンリーショップにつながります。展覧会限定陶器「犬のコーギー」を始め、ここでしか手に入らない&いち早く登場するアイテムが多数!展覧会図録、陶器作品はもちろん、普段はなかなかこれだけのスケールで揃わないリサ・ラーソン・グッズが一同に集結する、まさにリサ・ラーソン・ランドです!物販スペースは展示スペースと独立しているので、会期中何度でもご利用可能です。

リサ・ラーソン展に連動して、渋谷の直営店でも特別なギャラリー&ショップがオープン!銀座の物販会場とは異なる商品構成で、もう1つのリサ・ラーソン・オンリーショップをお届けします。また、リサ・ラーソンの素顔と作品誕生の秘密に迫るミニ写真展を開催します。自宅の工房や、サマーハウスでの日常、工場で作品が生まれるところまで、生活と作品が共存する、小さくて、あたたかな写真展です。

アーティスト「リサ・ラーソン」の真髄にフォーカスした本格的な作品展です。リサ・ラーソンの代名詞といえる動物作品から、独特のユーモアと浮遊感を内在する人物作品まで、本人が深くセレクションに関わった約190点が展示されます。芸術一家、ラーソン家ならではの特別なコラボレーションゾーンや、作家自身のコレクションも展示。こんなリサ、知らなかった!初めて見るリサに出会えます!

「本展は、2016年にロェースカ美術工芸博物館(スウェーデン・ヨーテボリ)で開催された「リサ・ラーソンの作陶60周年」展の出品作品をベースに、初期から近年に至る代表作約120点をテーマ別に展示。さらに自身が所蔵するユニークピースや、初展示となる画家・アーティストの夫グンナル・ラーソン氏の特別展示など、約190点の作品を通し、リサ・ラーソンの新しい魅力を紹介します。」

展覧会の興奮は、過去最大級のリサ・ラーソン・オンリーショップにつながります。展覧会限定陶器「犬のコーギー」を始め、ここでしか手に入らない&いち早く登場するアイテムが多数!展覧会図録、陶器作品はもちろん、普段はなかなかこれだけのスケールで揃わないリサ・ラーソン・グッズが一同に集結する、まさにリサ・ラーソン・ランドです!物販スペースは展示スペースと独立しているので、会期中何度でもご利用可能です。

リサ・ラーソン展に連動して、渋谷の直営店でも特別なギャラリー&ショップがオープン!銀座の物販会場とは異なる商品構成で、もう1つのリサ・ラーソン・オンリーショップをお届けします。また、リサ・ラーソンの素顔と作品誕生の秘密に迫るミニ写真展を開催します。自宅の工房や、サマーハウスでの日常、工場で作品が生まれるところまで、生活と作品が共存する、小さくて、あたたかな写真展です。

リサ・ラーソンについて

9月9日に86歳を迎える陶芸家・デザイナー、リサ・ラーソン。
陶芸作品から、猫のマイキーの誕生、現在に至る足跡をまとめました。

1931 スウェーデン南部のスモーランド地方・ハールンダに生まれる
1949 スロイド フォレーニング学校(現HDKヨーテボリ デザイン工芸大学卒業)進学
1954 スティグ・リンドベリのスカウトを受けグスタフスベリ社に所属
1970 大阪万博視察のため初来日、日本の陶芸家と交流
1980 グスタフスベリ社を退職しフリーランスとして活動
1992 ケラミックスタジオを設立
2000 2000年代よりスウェーデン・日本にて多数の書籍が出版されるようになる
2008 娘ヨハンナとの共同制作により猫のイラスト「マイキー」が誕生
2010 初の絵本作品『BABY NUMBER BOOK』(トンカチ)を出版
2012 株式会社ユニクロとのコラボレーションがスタート
2014 日本にて大規模展覧会が開催

近年は作品の復刻の他にユニークピースや新作を発表するなど、現在も精力的に活動を続ける。

リサ・ラーソンについて

9月9日に86歳を迎える陶芸家・デザイナー、リサ・ラーソン。
陶芸作品から、猫のマイキーの誕生、現在に至る足跡をまとめました。

1931 スウェーデン南部のスモーランド地方・ハールンダに生まれる
1949 スロイド フォレーニング学校(現HDKヨーテボリ デザイン工芸大学卒業)進学
1954 スティグ・リンドベリのスカウトを受けグスタフスベリ社に所属
1970 大阪万博視察のため初来日、日本の陶芸家と交流
1980 グスタフスベリ社を退職しフリーランスとして活動
1992 ケラミックスタジオを設立
2000 2000年代よりスウェーデン・日本にて多数の書籍が出版されるようになる
2008 娘ヨハンナとの共同制作により猫のイラスト「マイキー」が誕生
2010 初の絵本作品『BABY NUMBER BOOK』(トンカチ)を出版
2012 株式会社ユニクロとのコラボレーションがスタート
2014 日本にて大規模展覧会が開催

近年は作品の復刻の他にユニークピースや新作を発表するなど、現在も精力的に活動を続ける。

展覧会限定・先行発売アイテム

併設されたリサ・ラーソン・ファンタスティス・ランドにはここでしか手に入らない&いち早く登場するアイテムがたくさん。過去最大規模のリサ・ラーソンショップです。会場でしか購入できない限定グッズ約50種・先行発売アイテム約200点など、展覧会の思い出を身近に感じていられる、楽しく可愛いグッズを多数用意しております。陶器コーナーも、1体1体異なる顔や色味をじっくり見て選べます。この機会をお見逃しなく!

 

※価格はすべて税込予価です。
※画像はイメージです。
※紹介しているアイテムは一部です、この他にもご用意しております。
※在庫状況によって当日欠品の場合もあります、予めご了承ください。
※色味や柄・素材などの仕様や名称、価格は変更となる場合がございます。
※発売は予告なく延期となる場合がございます。
※より多くのお客様にご購入いただけるよう、おひとり様あたりのお買い上げ個数を制限さていただく場合がございます。

こんなリサ・ラーソン、知らなかった!

展示作品(抜粋)

こんなリサ・ラーソン、

知らなかった!展示作品(抜粋)

松屋銀座

2017年9月13日(水) 〜 25日(月)

所在地: 〒104-8130 東京都中央区銀座3丁目6−1

開場時間: 10時00分~20時00分(入場は開場の30分前まで・最終日は5時閉場)

電話: 03-3567-1211

入場料:

一般1,000(700)円

高校生700(500)

中学生500(400)円

小学生300(300)円

※( )内は前売料金。前売券は、ヤフーパスマーケット、ローソン(Lコード33743)、セブンイレブン(セブンコード057-102)、ファミリーマートにて9月12日まで販売予定。

NECONO SHOP

2017年9月13日(水) 〜 25日(月)

特別なギャラリー&ショップがオープン!

所在地:〒150-0041 東京都渋谷区神南 1-15-12 秀島ビル 2F

時間:12時~20時 年中無休(年末年始を除く)

電話:03-5428-5162

Coming Soon

展覧会概要

主催    リサ・ラーソン展実行委員会

後援    スウェーデン大使館

特別協力  ロェースカ美術工芸博物館

協賛   フィンエアー、フィンエアーカーゴ

企画    アートインプレッション

企画協力  トンカチ

展覧会概要

主催    リサ・ラーソン展実行委員会

後援    スウェーデン大使館

特別協力  ロェースカ美術工芸博物館

協賛   フィンエアー、フィンエアーカーゴ

企画    アートインプレッション

企画協力  トンカチ