リサ・ラーソンの一番新しい猫、「MOA」


リサ・ラーソンの新作陶器に、ねこのMOAがやってきました。
ぴんとのびたしっぽと、きょとんとして、少しとぼけた表情が特徴のねこです。
スウェーデンのケラミックスタジオで作られました。

ある時、リサ家を訪れたトンカチのスタッフがチャーミングな未発表作品を発見しました。それがこのMOAの原型の猫でした。
リサに聞くと「このネコは、鳥を食べちゃったネコなのよ」と笑いました。 びっくりしながら、よく見ると、「トリを食べちゃったけど、何か?」という ような表情にも見えてきて、それからずっとこのネコが気になっていました。 今回、MOAが出来上がって、改めて、そのエピソードを詳しく聞こうとしたら、「鳥を食べた話しなんてしてないよ」とリサ。
クリスマスを前に、MOAの不思議は深まるばかりなのです。

                                      

しっぽがぴんとのびて、たたずんでいる様子がたまりません。

グレーと、ブラウンと、ホワイトの3つのカラーがあります。
3つとも自然で、やさしい色合いです。

大人の女性が両手で持つと、開いた両手にすぽっとおさまります。
まるで小さいこねこを迎えるような気持ちになりますね。

しっぽから、背中とお尻にかけてのラインがとってもかわいい。
おもわず、なでてあげたくなります。

なにかを訴えかけるような、まっすぐなひとみ。
じっと見つめていると心が通じる気がします。